福祉業界の「今」を知れる

多くの「福祉の現場」での経験、自社事業での経営、他社様のコンサルタントをしてきた実績はリアリティがあります。この業界の現状を幅広く、具体的に知っていただくことが出来ます。

「福祉」には多くの分野が存在しています。高齢者、障がい者、子ども分野など。
また貧困、孤独、虐待など、制度的な対策として未熟なものも多く存在します。「支援が必要な人」のために出来ることはまだまだ残されています。
それらの課題に気づき、解決に導きながら、自らも満たされていく(やりがいもお金も)そんなことが実は可能です。

PAGE TOP