塾長ごあいさつ

福祉事業をするには顧客(利用者)に対する熱い想いが必要です。その想いが行動に伴うことで専門性を高め、技術や知識のより深い支援が可能となることでしょう。

しかし想いだけで事業運営・経営は成り立つのでしょうか?

いくら熱い想いを持ってサービスの内容が素晴らしいものであったとしても、利用者がそれを利用しないことには、その想いを実現することには至りません。
「そんなことは考えなくて大丈夫。利用者様のことを第一に考え、愚直に良いものを提供していればそのうち必ず利用者様は来るから。」

本当にそうでしょうか。それは「そのうち」まで持ちこたえることが出来るのでしょうか。

現在はどんなビジネスにおいても競合が多く存在し、かつ顧客の目が肥えています。
そのため「代わり」が存在し、いくらでも他を選べる状態です。そんな時代に「良いもの」を提供しているだけでは振り向いてもらえません。
この塾ではいかに「顧客にとって良いもの」を提供し、それをどのように効果的に伝え、そして継続的に利用していただけるかを学んでいただけます。

そうするとどうなるか。利益が出ます。

私は「利益」を出すことは正しいことだと思います。

なぜなら、さらに利用者支援やサービスの強化することで利用者は喜び、スタッフに対しての正当な評価が可能となり、さらには新しい社会資源を作る原資ともなっていくからです。
ずばり事業成功のコツは「顧客の声に真摯に耳を傾け、自社の強みを活かしつつ競合にはない価値を提供し、お客様に最大のホスピタリティをもって接し、それらのことを知ってもらいファンを作って継続的に利用してもらう」ことです。

顧客への熱い「想い」と事業成功への「ロジック」。

事業の「中身」を磨き、価値を発信していくための「技術」。

永く愛される事業者となることで支援やサービスの提供が継続し、顧客を守ることに繋がるのではないでしょうか。
真摯に利用者を想い一生懸命に事業をしているのに、成果を出せずにから回りはもったいないです。

私はこの塾を通じて「熱い想いを持って経営・運営をしている(もしくはしようとしている)方々がもっと活躍しやすくなることを」を願っております。
そのような志の高い事業者が増えることで、最も得をするのは利用者だからです。

掲げる理念は「誰もが笑って暮らせる社会を創る」ことです。

PAGE TOP